帆曳船

hobikisen

霞ヶ浦の伝統的な漁法である帆曳漁は明治13年に出島村の折本良平が考案したものだといわれています。
船を横に使い、風をはらんだ大きな帆との微妙なバランスが、観る人にすばらしい機能美を感じさせてくれます。
帆曳船はワカサギなどを捕る帆曳漁のための船でしたが、昭和42年にトロール船の普及により姿を消しました。
現在は観光用として勇姿を見ることができます。